人類が船というものに乗り出した頃、推進器はまだ無く、人力でした。それにはかいという2種類の細長い道具が使われていました。

かい(オール)

古代遺跡などにも登場するのが、かいと呼ばれる木の長い棒です。中国の河姆渡遺跡かぼといせきから完全な形の櫂が発掘されたことがあります。また、紀元前3000年代、古代エジプト・メソポタミアでは壁画にしっかりと描かれています。
はじめは、こぎ手が船の進行方向を向いて座り、棒の先に幅広い板がついたような櫂で水を押して進むスタイルでした。やがて、こぎ手が船の後ろを見て座り、船のふちに櫂の支点を固定して、より細長い櫂(これが英語でいわゆる、”oar(オール)”です)を引っ張るこぎ方のほうが効率がよいことが判明し、外航用大型船はみなこのスタイルになりました。押すより引くほうが確かに効率は良さそうなのが想像できますね。それにしても、人力で外航までしていたとは驚きです。

一方、というのは東アジアを中心に使われてきました。櫓は主に船尾に取り付けます。複数ある場合は左右にとりつけるケースもあります。空中にでている部分を櫓腕ろうで、水中に沈めて推進力を生み出す部分を櫓脚ろあし(または櫓羽、櫓べらなどとも)、を船のふちに固定する支点となる穴を入子いれこといいます。櫓脚の断面は片面がふくらんでいて今でいう”翼型”のような形状だったため、左右に動かす際、少しひねりを加えることで揚力が生まれ、推進力を生み出していました。したがってかいよりも推進効率が高く、西洋に比べて体が小さいアジア人にとっては知恵を絞った道具だったのかもしれませんね。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です