どんな船が今どこを航海しているか、リアルタイムで見られるアプリ、「MarineTraffic」(有料600円)のご紹介です。
iPhone, iPadの方は↓からダウンロードできます。

MarineTraffic - Ship Tracking
MarineTraffic - Ship Tracking

あの船、なんの船だろう?が調べられます。
また、お気に入りの客船が今どこにいるのかもわかりますよ。

船には、AIS(Automatic Identification System,自動船舶識別装置)という装置を取り付けることが義務付けられており(※1)、これによって世界中の主な船の現在位置と船舶情報がわかるようになっています。

※1 ただし、すべての船にAISの搭載が義務付けられているわけではありません。
AISの搭載が義務付けられている船は、つぎのような船です。
・国際航海に出る、300総トン数以上の大きさのすべての船
・国際航海に出る、すべての旅客船
・500総トン数以上の大きさのすべての船

このAISを利用したアプリが、「MarineTraffic」です。

船の実際の動きに合わせて、現在位置を約1分に1回の頻度で自動更新してくれます。また、日本中・世界中のほとんどの海や港をカバーしています!※陸から遠く離れた船の情報は”衛星AIS”の情報からしかわからず、別途有料サービスで閲覧可能

無料アプリ「FindShip」と比較すると

以前、AISの無料アプリの「FindShip」をご紹介しましたが、そちらと比較するとMarineTrafficは、

  • 船の写真が多い
  • 港の情報が多い
  • 気候情報が見られる
  • (有料のため)航路情報が広告なしですぐ見られる
  • 更新の動きやMapの動きはあまり良くない

といった感じでした。情報量としてはMarineTrafficのほうが多いのですが、船の動きやMap拡大縮小時の更新スピードはFindShipのほうが早かったので、用途によって選ぶのがいいと思います。

また、MarineTrafficはPC版サイトでは無料で見られますので、こちらをスマホで開けばアプリがなくても無料で情報が得られます。

さすが有料!たくさんの機能が備わっている

機能が豊富ですべては解説しきれないのですが、ざっと紹介したいと思います。

地図上の船マークをタップするか、検索BOXに船名を入力してお目当ての船を見つけてみましょう。船名は英語で入れる必要があります。
(A) Vessel:船舶情報
(B) Voyage:航路情報
(C) Position:現在位置情報
(D) Port Calls:寄港情報

まず(A)Vesselを選ぶと、①寄港情報と②船舶情報が見られます。
①寄港情報(概要)
どの港を出発して、次はどの港に到着予定か
ATD: Actual Time of Departure(前の港の出発時間)
ETA: Estimated Time of Arrival(次の港への到着予定時間)

②船舶情報
Call sign: 無線関係の船舶識別記号
IMO: IMO(国際海事機関)が船に与える識別番号
MMSI: Maritime Mobile Service Identityの略、通信装置を搭載した船の認識番号
Year built: 建造された年
Gross tonnage: 総トン数
Length breadth: 船の長さ×幅
Deadweight: 載貨重量トン
Flag: 船籍

(A)Vessel選択状態で、船の写真をタップすると、他の写真がたくさん見られます。これらは一般人が投稿した写真です。会員登録すれば私たちも写真をアップすることができます。
(A)Vessel選択状態で、港の名前をタップすると港の詳細情報が出てきます。

Type: 大抵、Port(港)となっている
Size: 港のサイズ
Country: 港が属する国
Latitude: 港の緯度
Longitude: 港の経度
Time in port: 港での現地時間
Distance from my location: 自分の現在位置からの距離
Wind: 風速
Wind direction: 風向き(North,South,West,Eastの頭文字で表される)
Temperature: 気温
Vessels in port: 港にいる船の数(*)
Recent arrivals: 出港する船の数(*)
Expected arrivals: 寄港する船の数(*)
(*)→それぞれの船の詳細は上のタブから閲覧できる

また、港の写真をタップすると船写真同様、他の写真が見られ、会員登録すれば投稿もできます。

つぎに(B)Voyageを選択すると、航路情報の詳細が見られます。しかし●●●●の表示が多いかもしれません。情報がすべてそろっているとは限りません。およそ以下の項目は表示されていることが多いと思います。

Destination: 目的地
Reported ETA: 到着予定日時
Last known port: 前回の港
ATD: 前回の港を出発した日時
Draught: 喫水
Average speed: 平均速度
Max speed: 最大速度
Voyage info received: 航海情報を受け取った日時

つぎに(C)Positionを選択すると、船の現在位置情報が見られます。

Latitude: 船位置の緯度
Longitude: 船位置の経度
Area: どの海域にいるか
Info received: 位置情報を受け取った日時
Status: Stopped/Underway using engineなど、船が停泊しているのか航行しているのか等の状態を示す
Speed/Course: 船速と針路(角度)
AIS Source: AIS情報源番号
Distance from my location: 自分の現在位置からの距離
ETA to my location: 自分の現在位置へのおおよその到着時間
Wind: 風速
Wind direction: 風向き(North,South,West,Eastの頭文字で表される)
Temperature: 気温

(C)Position選択状態で、Google mapの図をクリックすると、大きな画面へ移行します。そこで船名の一番右にある折れた矢印マークをクリックすると、過去の航路と今後の航路を見ることができます。
Past Track: 過去の航路
Forecast: 今後の航路
また、Google mapの状態で画面を右から左にスワイプするとツールが出てきます。たとえば、Weatherを見てみましょう。
Weather機能には、Wind LayerとTemperature Layerがあり、風情報と気温情報を見ることができます。切り替えは地図上の右上に現れた丸いマークをタップすれば”Weather view”というメニューが現れ、選択できます。

Wind Layer: 風情報
Temperature Layer: 気温情報

(Temperature Layer選択時)
(Wind Layer選択時)
さて、船情報の画面(A)(B)(C)(D)選択時において、下のほうにアイコンが出てきますね。

TRACK: 上で説明した、過去と今後の航路情報へ飛びます
LOCATION: 上で説明した、Google mapへ飛びます
MY FLEET: 船をお気に入り登録できます(登録した船を見るにはmap上で右から左にスワイプし、My Fleetをタップ)
NOTIFICATION: 寄港情報や新着写真などの通知ON/OFF
PHOTO: 会員登録すれば港や船の写真をアップロードできます

会員登録の画面です。パスワードやお名前などを入力します。
First nameは下のお名前、Last nameは姓(名字)です。Register(登録)ボタンを押す前に、サービス内容を記載した文書を読んで同意する必要があります。Terms of Serviceをタップすると、登録ボタンが押せるようになります。
おまけ:船のマークの色によって何の船かがわかるようになっています。map上で船が密集しているときに、目当ての船がタンカーなのか客船なのか分かっていれば、より探しやすくなります。

一部を紹介しましたが、他にも船速や気温などの単位を好きなものに変えて表示したり、港や灯台の位置を調べたりできますので、いろいろいじって遊んでみてください。

★スマホの中にリアルで小さな船の世界を入れてみませんか!

 
無料アプリFindShipのレビューはこちら↓

[アプリ]FindShip – 船の現在位置と詳細情報がわかる!

Share this:

One Thought on “[有料アプリ]MarineTraffic – 船の現在位置と詳細情報がわかる!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です