コンテナ船は、
コンテナ(Container:容器 の意味)という箱に荷物を入れて運ぶ船のことです。

そうすることで、
・効率よく(早く)積める、荷下ろしできる
・船のスペースを無駄なく使えて、より多くの荷物を運べる
ことが可能になりました。

コンテナ船は、1950年代にアメリカ人マルコム・マクリーンさんによって発明されました。
彼はトラック運送会社のオーナーでした。以前は、荷物を木箱や布袋に入れてバラで運んでいましたが、決まった形・大きさの箱にすれば、無駄な隙間なくたくさん積めるだけでなく、トラック、貨物列車、船 の間の荷物移動がスムーズになり効率が良くなると考えました。
合理的なアメリカ人らしい発想ですね。

コンテナのサイズは世界中で規格が決まっていて
20フィート
40フィート
45フィート
48フィート
53フィート
がありますが、メジャーなのは20フィートと40フィートの2種類です。
(10フィート=約3m)

コンテナ船の大きさは、“TEU”という単位で表現されます。
これは、Twenty-foot Equivalent Unit の略で、
20フィートのコンテナが何個積めるか、という意味です。

「このコンテナ船は3,000TEUです」というのは、
このコンテナ船は20フィートのコンテナを3,000個積むことができる、
という意味になります。
2018年現在で世界最大のコンテナ船はなんと、20,170TEU(商船三井)の船になります!

★コンテナの中にはどんなものが入ってる?
・食糧品(冷蔵装置つきのコンテナがあります!)
・工業製品
・家具、衣類などの日用品
・動物
・車、重機
などなど、コンテナに入るものならほぼ何でも運べます。

Share this:

One Thought on “コンテナ船”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です