緊急電話といえば、警察は110番、消防は119番ですね。
同様に、海上や海岸で何か事件・事故にあった、目撃した場合は、118番というのがあります。

118番にかけるとどこにつながるのか

118番に電話すると、海上保安庁につながります。
船舶電話から118番にかけると海上保安庁運用司令センターにつながり、船舶電話以外のすべての電話からは全国11か所の各管区海上保安本部につながります。

どんなときに118番にかけたらよいのか

つぎのような時にかけましょう。

  • 海難人身事故に遭遇した、目撃した
  • 油の排出等を発見した
  • 不審船を発見した
  • 密航・密輸事犯などの情報を得た
  • その他、海上や海岸での不審物、事故など全般

ケータイ電話からでもかけることができますよ。
また、混乱して110番や119番にかけてしまっても、警察・消防が海上保安庁に迅速に取り次いでくれます。

118番の知名度はまだまだ低い

118番という緊急電話番号の存在はまだまだ日本中に浸透していません。そのうえ、かかってくる電話の90%以上が間違い電話という現状です。なかにはイタズラ電話も多くあるようで、ヒマな人もいるものですね…。悪質なものは逆探知し対処されます。

海上保安庁は118番をもっと多くの人に周知するため、”海の「もしも」は118番”というキャッチコピーのほか、1月18日を『118番の日』に制定しています。

海に馴染みがない人でも、頭の片隅にこのような番号があるということを覚えておいていただけたら嬉しく思います。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です